ヤスミン監督が他界

23日に脳卒中で倒れたヤスミン・アフマド監督が25日そのまま永遠の眠りについた。
51歳と若くしての他界に誰もがショックを受けた。
ヤスミン監督については、ミュージック・ラジャのネギシさんのブログKLクミコさんのブログsayaPさんのブログを読んで頂ければとおもいます。

僕が彼女と最初にあったのは、国際交流基金KLが主催する日本映画祭KLでした。
ヤスミン監督は山田洋次郎監督の大ファンでもありその時にオープニング上映された「武士の一分」を見に来ていた。彼女はDVDも持っていてこの日は、スクリーンで見たいのと国際交流基金との交流で来られていた。
僕はその時、ヤスミン監督を紹介してもらいました。(もちろん、彼女の映画はその前から知っています)

それからは時々SMSをもらったり、彼女の映画のプライベート試写に招待されたりしました。
SMSはたいがいポエムだったりしました。なんて返答しようか毎回悩みました。。。
普段はとても気さくな方で、いつも少女のような瞳をしていました。
声や物腰が美しく「あなたはメリル・ストリープみたいですね」と、いうと大変喜んでいました。
ただ、撮影現場は「厳しいい人」と、彼女と一緒に仕事をしているスタッフは言っていました。

彼女はいつも「私の映画は小さい世界の映画なの。」と、言っていましたが、映画監督のポジションを得るくらいになるとヤスミンのような純粋に世界を見る目というのはとても貴重です。
小さな世界にどう目を向けるか。そのことに最も才能のあるマレーシア映画人でした。(CMも含め)

マレーシア映画は、製作費を得るのになかなか難しい世界なのですが、彼女はようやくその悩みから解放されこれからたくさん素晴らしい映画を作ることができる絶頂期での他界に、残念でありません。

彼女の奇跡は、若手クリエーターたちに確実に未来を開きました。
今はただ彼女のご冥福を祈ります。

画像


ヤスミン監督との過去ブログ「ムアラフ」
ムクシン

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

アサ・ネギシ
2009年07月28日 03:58
 本当に悲しい知らせですね。
 ほとんどの地元メディアも訃報を伝えました。
 また、マレーシアについて、もしくは映画についての日本語ブログで、これだけひとつのことを語ることは未曾有のことです。
 
 残念でなりませんね。
kubota
2009年07月30日 01:40
アサ・ネギシさま

本当にそうですね。
彼女の映画が見れなくなるとは残念です。

この記事へのトラックバック